今 度 は 私 た ち の 体 に な る。

□ 土 が リ ン ゴ に 変 わ り 、 今 度 は 私 た ち の 体 に な る。

 

私たちの体は食べたものでできています。

レゴブロックのように(笑) 

食事時に食べた人参や卵など、食したものを構成していた分子が、今度は私たちの体のパーツを作ります。

 

私たちの体のパーツを構成していたものが、外に排出されます。この繰り返し、入ってくるものと出ていくものが常に入れ替わり、体は実は流動的(!?)にできています。


東洋のアーユルヴェーダでは食べ物を栄養素ではなく、その食べ物が持つ性質、で考えます。

 

食べると気持ちがだらけやすいもの、欲望が溢れさせるもの、気分を軽快にするもの、など性質で分けて、気分を軽快にしてくれるものを食べることが推奨されています。

 

情報を取り入れるときも、情報の性質、を意識するといいかもしれません。

 

心も実は、レゴブロックのように、取り入れたもの、で、できていますからね。

 

 

食べすぎない、囚われすぎない。食べるなら感謝を持って、良いものを。

 


L&Rvillage

L&Rヴィレッジはベストセラー作家喜多川泰事務局です。喜多川作品他、講演会などの運営も行っております。