ど う や ら 幸 せ の 鍵 が 潜 ん で い る よ う で す 。

ドラえもんの最終回。 

 

様々な説があるようですが

「さようならドラえもん」

という回があるそうです。

 

「のび太がドラえもんと別れるのがつらいように、ドラえもんだってのび太と別れるのはつらい」

 

お父さんにそのようなことを言われ、最初はドラえもんとの別れに泣いていたのび太も、ドラえもんを笑顔で送り出そうと決意します。

 

「ぼくだけの力で、きみに勝たないとドラえもんが安心して・・・、帰れないんだ!」

ジャイアンに喧嘩を売られたときに、言い放った言葉です。

 

それまでの弱虫ののび太とは違い誰の力も借りず、一人でジャイアンに立ち向かって、ボロボロになります。

 

 

ボロボロになりながらも

「勝ったよ、僕。だから安心して帰れるだろう」

そうドラえもんに伝えるのび太。

 

ここからさらに話が進み...ラストへと向かっていくようです。

 

 

自分が笑顔になることをほぼすべての人が求めています。

同時に、人を笑顔にすることを多くの人は望んでいます。

 

 

でも、最終回ののび太のように、自分の気持ちは勘定に入れず、ボロボロになりながら誰かの笑顔のための行動をとる。なかなか大変なことです。

 

 

でもそんな行動の物語は、多くの本、映画、で大きな感動を生み出します。また、偉人の人生にもそのようなものが多くあります。

 

これは不思議でありながら納得もできるのですが、最終回ののび太は決して不幸な人ではありません。見た目とは裏腹に強烈な輝きを放っています。

 

 

人のためだけにとる行動。

 

 

ここにはどうやら幸せの鍵が潜んでいるようです。

 

 

L&R matsuo

L&Rvillage

L&Rヴィレッジはベストセラー作家喜多川泰事務局です。喜多川作品他、講演会などの運営も行っております。