「仲間がいる」という有り難さ

喜多川泰の会員制Bookサロン「Ladybird」

 

明日が第二回目の開催となります。

 

こちらはすでに満席となっておりますが、第一回目はとても面白い時間となりました!!

 

 

参加される方からいただく本のプレゼンは、それぞれ個性と熱い思いがあり、プレゼンに慣れている人も初めての人も、素晴らしい内容のものばかりでした。

 

 

その第二回目が明日です😊

 

 

 

 

ところで、仲間というのはかけがえのないものです。

 

本気であればあるほど、かけがえがない。

  

 

ずっと一緒にいると、欠点が目についちゃうこともありますが、よく考えると「その人」が仲間としていること、はすごいことです。

   

 

 

例えば、高校野球部で、本気で甲子園を目指す仲間、を1から探そうとしたら大変です。

 

 

 

クリアしなければならない条件がたくさんあるからです。

 

 

・同じ高校に通っていること。

・しかも、自分がその高校にいる二年超の間であること。

・野球に興味があること。

・サークルではなく、部活として野球をやってもいいと思うこと。

・同じチームとしてのルールに大筋は従えること。

・放課後も土日も野球の練習をしてもいいと思うこと。

・県内で優勝することを目指し、トレーニングができること。

 

 

細かくあげればキリがないですが、これらの条件をクリアした人が、隣にいる「本気で甲子園を目指す仲間」です。

 

もしその野球部に部員が8人しかいなかったら、あと一人、高校の中から、探し出さなければなりません。

 

 

 

「仲間がいる」というのは、「仲間を探し、仲間になる」ことを考えるとその有り難さがよく分かります。

 

 

 

本について語り合うLadybird。

明日が第二回目です。

 

 

 

どんな会になるのか、今から楽しみですね!!

 

 

L&R matsuo

L&Rvillage

L&Rヴィレッジはベストセラー作家喜多川泰事務局です。喜多川作品他、講演会などの運営も行っております。