イメージが良いものを。

馬刺...といえば熊本。 

 

こう思い浮かぶ人が多いと思います。実際、生産量も熊本が日本一です。

 

 

馬刺の生産量第2位がどこかというと、福島県です。

 

 

熊本の馬刺は馬が大きいので霜が降りやすく、福島の馬刺は駿馬タイプなので赤身であっさりしています。

 

 

 

ところで、もともと福島には馬肉を生で食べる習慣はなかったそうです。

 

 

それが日本を代表するような馬刺の名産地となったのは ... ?

 

-------------------

  

 

時は高度経済成長期。

 

 

1955年。

 

 

福島にある国民的ヒーローがやってきます。

 

 

 

力道山。

 

  

 

全国民が熱狂したプロレスラーで、アントニオ猪木の師匠にあたります。

 

 

 

会津市内のプロレス興行のあと、浴衣姿で生肉店に立ち寄り、店先に吊るしてあった馬肉をくれ、と購入し、持参した辛味噌で食べ始めました。

 

 

 

「あの力道山が」

 

「馬肉を生で」

  

「辛味噌で」

 

  

 

その話は途端に広まり、会津では馬刺を辛味噌で食べるようになりました。だから熊本の馬刺はニンニクや生姜醤油ですが、福島では辛味噌なんだそうです。しかも、あっさりの福島の馬刺は辛味噌がよくあうとのことで😊

 

 

 

 

当時の福島の人の気持ちになってみると、馬刺を食べながら幸せな気分になっていたことと思います。

 

 

食べながらあの大好きな「力道山」を思い出せるのですからね〜!!

 

 

お皿にとりわけては力道山を思い、辛味噌を用意して力道山を思う。

 

 

 

「よい食べ物」の考え方に、「よいイメージ」の湧く食べ物、というのもあるかもしれません。この食べ物は「体にいい」とか「ありがとう」とかだけではなく、「あの力道山が食べたんだ」とか。

 

 

 

話は変わるのですが、私はカレーに納豆をトッピングするのが好きです。

 

 

「えー!? 納豆!?」とちょっと受け入れられないという反応をされた時、「上戸彩もカレーには納豆のトッピングだって」と言ったら、「そうなんだ。やってみようかな」と受け入れがスムーズになった記憶があります。笑

 

 

 

私たちの毎日にはイメージが大きな影響を与えます。

今、この瞬間もそうです。 

 

 

今私はどういう思いでそこにいるのか。

 

 

 

食べ物だけではなく、机の上に置くものも、小物も、スマホの壁紙も、触れるとよいイメージが湧くものを意識して用意することが、現代のような忙しい社会では必要な気がします。

 

 

 

L&R まつお

L&Rvillage

L&Rヴィレッジはベストセラー作家喜多川泰事務局です。喜多川作品他、講演会などの運営も行っております。