世 界 最 高 の 。


メジャーリーグで活躍したイチロー選手。

 

引退した今も尚、トレーニングは欠かさず、今度はピッチャーでものすごいボールを投げているらしいです。

 

さすがです。

 

 

20世紀に入りメジャー最高打率は1941年、テッド・ウィリアムズの0.406。

 

イチローの最高打率は2004年の0.372。

 

 

 

100回打席に入り41回ヒットを打つ人が世界最高で、イチローは37回です。

 

 

その差はわずかに4本。。。

 

 

でも「4本くらい、、、」が世界最高峰の戦いです。

 

 

考えてみるとそうで、あんなに細い棒で動いてくる小さいボールを打つんですから、一本打つだけでも相当です。

 

 

 

ところでこれは次のことも意味します。

 

 

世界最高選手でも100回中、60回はアウトになっている、失敗している、ということです。

 

 

 

もし1回のアウトで「あぁ」と頭を抱え倒れ込んでいたら、精神が持ちませんし、シーズンが終っちゃいますね。

 

 

  

ところで、私たちはまるで10割打者を目指しているような時があります。

 

 

 

一回の挑戦でそれに失敗すると「もうダメだ...」と、頭を抱えて立ち上がれなくなる。

 

 

「だって嫌味言われたし」 

 

「だって笑われたし」

 

「だって...」

  

 

 

昔読んだ本に印象的な言葉が書かれていました。

 

 

「人生は敗者復活戦の連続だ」

 

 

 

いい言葉です。

 

 

 

つまり基本「敗者」ということです。このくらいの気持ちの方が気楽でいいかもしれません。

 

 

 

10回だめかもしれない。

 

100回だめかもしれない。

でも、101回目のチャレンジをする権利がある。

 

 

「よーし。100回だめでも101回チャレンジするぞ。いや、むしろ100回失敗するぞ。100回くらいは失敗させてくれ」

 

 

くらいの大胆な気持ちでいたら、すぐ立ち上がれます。

 

 

 

同時に、人の失敗にも寛容になれます。

 

 

 

ところで人のミスを批判をしたり、かげで笑ったりしないほうがいい理由に、自分が失敗した時、必要以上に人からの視線や声が気になる、怖くなるというのがあります。

 

 

 

人のことは気にせず自分のことに専念しましょう。

 

 

 

ちなみにエジソンは電球開発の際、1万から2万の実験の「失敗」をしたと言われています。

 

 

でもエジソンは「それは失敗ではない」と言っています。

 

  

「うまくいかない事例を1万回発見しただけだ」

 

 

で、最後には電球開発に成功しましたね。

 

 

 

気楽に、大胆に、寛容に、楽しんで。

 

 

 

matsuo

L&Rvillage

L&Rヴィレッジはベストセラー作家喜多川泰事務局です。喜多川作品他、講演会などの運営も行っております。