脳 が 嬉 し く て た ま り ま せ ん 。

 

お皿に乗った赤い梅干し。

 

赤くみずみずしい梅干しです。

 

触れてみるとちょっと柔らかめの赤い梅干し。

 

その赤い梅干しが、自分の口の中に入る。

 

  

 

...口の中に唾液が出ましたか?

 

 

 

 

言葉とイメージ。

 

 

それに伴って体が反応します。言葉とイメージが向かう方向に体も含め「自分」は向かっていきます。

 

 

 

 

昔塾の教室で

 

 

「他の誰かの幸せのために勉強をする空間にしよう」

  

 

と伝えたことがあります。

 

 

 

 

自分が幸せになるためではなく「他の誰かが幸せになれ」と思って勉強をしたとしたらどうなるか?

 

 

  

本当に実践できたら、本人が一番幸せになります。

 

 

 

 

なぜか?

 

 

 

 

感情・感覚などを司るのはの脳の「大脳辺縁系」や「脳幹」ですが、実は現実と想像の世界の区別がつきません。

 

 

 

だから赤い梅干しが現実には口に入っていないのに、唾液が出てきます。

 

 

 

つまり40人の教室で他の39人に対して

 

 

〇〇くん、幸せになれ。

 

□□ちゃんに笑顔になって欲しい。

 

△△さんがほっとした気持ちになりますように。

 

 

 

例えばこんなことを考えていたら、、、

 

 

その言葉とイメージに引っ張られた自分の脳が幸せになる物質を出してくれる、ということです。

 

 

 

 

逆に教室で自分だけの幸せ願っていたら、自分一人分しか願えません。また同時に、他人を妬んだり、恨んだりすることもあるかもしれません。

 

 

他の誰かの幸せを願ったなら、39人分の幸せを願えるようになります。同時に、妬みや恨みはなくなり、よかったね、という言葉が自然に出てくるようになります。

 

 

 

大脳辺縁系や脳幹はたまりません。笑

 

そして本人もたまりません。

 

 

  

 

こういう構図です。

 

 

 

 

 

幸せになりたかったら、利他の実践が一番です。

 

 

 

 

ただ、こんなことは分かってはいるのですが、実践するとなると一朝一夕にはいきません。すぐに忘れ、小さな「1」の虜になってしまいます。

 

 

だから対抗策として、時間を決めて呼吸法をしたり、良い本を毎日定期的に読んだりすることは効果があります。意識的な継続が、無意識の習慣になったらいいなぁ。


 

 

matsuo 

L&Rvillage

L&Rヴィレッジはベストセラー作家喜多川泰事務局です。喜多川作品他、講演会などの運営も行っております。