Your words shape your world.

学校の宿題で音読というのが昔ありました。

 

今もあるのでしょうか。

 

 

音読すると、国語力は上がります。

 

 

ところで、映画を見ていて、ジーンとくる名台詞があります。

胸がジュンジュワ〜と広がるような一言があります。

ぞわわわと鳥肌が立つようなかっこいい言葉がります。

涙がこぼれるような美しい一言もあります。

 

 

 

「できる・できる・できる」と、3回ほど言葉にして挑戦する方が、壁を越える時に馬力が出ます。

 

「あなたのことが大好きよ」と小さい子供の寝顔に向かって言葉をかけた時、ハートは堂々と胸を張っていました。

 

「失敗してもいい。みんなを信じて全力でぶつかれ」と部活の子供たちを指導している時、言っている自分が多くの勇気をもらっています。

 

「よく頑張った」と拍手をしている時、勝ち負けの結果は思考の外にあります。

 

 

勇気が欲しい時には、勇気の出る言葉を自分の声で音読すると大きな効果があります。

 

 

文字と音と振動とその言葉の持つイメージに引っ張られて、心が広がります。

 

 

昔、ありがとう、という言葉をかけた水を凍らせると、結晶がとても綺麗になる。そんな実験がありました。

 

 

良い言葉を声に出すことはいいことです。

 

英会話のレッスンの臨む時、今日はこのフレーズを使おう、と思って臨むことがあります。実際に使うと、そのフレーズが自分のものとなります。

 

 

今日はこの勇気の出る言葉を必ず一度は話そう。

 

そんな1日もいいかもしれません。

 

 

 

Your words shape your world.

よい言葉と共に毎日を送りましょう。本を読むのも、仕事をするのも、幸せになり、幸せにするためですから。

 

 

 

よい言葉はぜひあなたの声で。

 

 

matsuo

L&Rvillage

L&Rヴィレッジはベストセラー作家喜多川泰事務局です。喜多川作品他、講演会などの運営も行っております。