本当に大切なことをまず最初に入れておかないと。

ある大学教授の授業です。

講義内容は「人生の優先順位」

----------------------------

 

教授は教室に入ると、教壇の上に大きな壺をおきました。

そこに石をとりだし、壺いっぱいに入れます。

 

「さて、壺はいっぱいになっただろうか?」

という教授の問いかけに学生が

「壺はいっぱいです」

と答えました。

 

すると教授は砂利を取り出し壺に入れ始めました。

大きな石は入りませんが

小さな砂利ならまだ壺には入ります。

 

「さて、壺はいっぱいになっただろうか?」

という教授の問いかけに

「いいえ、なっていません」

と答えます。

 

教授は「そうだ」と言い、次に砂を取り出しました。砂ならまだ壺に入ります。

三度「壺はいっぱいになっただろか?」と問いかけた教授に 

学生は「いいえ」と答えます。

 

すると教授は水を取り出し、壺に注ぎ始めました。

石、砂利、砂、水。今度こそ壺はいっぱいになりました。

 

教授が問いかけます。

「何が言いたいかわかりますか?」

学生の一人が「予定がいっぱいでも、努力すればまだまだ多くのことができる」というようなことを答えました。

教授は「違います」と答えました。

 

 

「この壺は人生です。物事には優先順位がある。大きなものから順に入れないと、後からは入りません」

 

 

----------------------------

本当に大切なことをまず最初に入れておかないと。

「私の人生の壺に何が入っているだろうか...?」

たまに思い出し、慌てて詰め直しています。

 

 

L&R matsuo

L&Rvillage

L&Rヴィレッジはベストセラー作家喜多川泰事務局です。喜多川作品他、講演会などの運営も行っております。