あの人の「常識」にかかれば、世界は豊かで楽しい

アインシュタイン の名言に

 

「常識とは 18 歳までに身につけた偏見のコレクションでしかない」

 

というのがあります。

 

 

 

私たちが

 

「それ常識だよ」

 

と言っているのは、アインシュタイン の言葉を借りるならば「18歳までに身につけた偏見」

 

 

確かに、私が生まれ育った場所がハワイだったら...?

確実に違った「それ常識だよ」ができたでしょう。

 

中国でも、エジブトでも、メシキコでも、フランスでも、生まれた場所が違えば「それ常識」が違ってきます。

 

 

 

 

先生をやっていたので

 

「18歳までの教育とか、考え方が大事なんだなー」

 

なんてことを思います。

 

 

 

ところで ...

 

18歳までに身につけた偏見のコレクション、その後どうなるのでしょうか?

  

 

 

当然「その常識」、変えようと努力しない限り、どんどん固定されていきますね。

 

 

例えば、「夏は暑くて...嫌だ」という考えを持ったとして、その思いを5年、10年、30年と繰り返すと、「夏は暑くて嫌だ」の認識が固まっていきます。

 

 

一方で、「夏は暑いのがいいね」とか「夏は暑い。で、それがどうしたの?」という考え方が途中で入ったら、「夏は...」の認識がそれから変わる可能性が出てきます。

 

 

 

事実、夏は暑いです。春よりも、秋よりも暑い。

 

でも、それは「いい」のでしょうか、「嫌な」のでしょうか。

 

 

正解は...どちらでもありません。

その人の捉え方、偏見の一つです。

 

 

 

この情報化社会だからこそ、私たちは頑張って努力し、自分や周りを寛容にし、優しく、楽しくする「常識」を私たち自身の中に作り上げていく。

 

  

 

あの人の「常識」にかかれば、世界は豊かで楽しいね。

 

 

 

そんな風になりたい...なんてことを思います。



L&R matsuo

L&Rvillage

L&Rヴィレッジはベストセラー作家喜多川泰事務局です。喜多川作品他、講演会などの運営も行っております。