「覚えてないよ!!」という希望。

初期の携帯電話。

 

そこから箱型の携帯電話になり、折り曲げが効くようになり、小さくなり、スマホになり、と進化していきました。

今では「携帯デカ!!」と笑ってしまいますが、当時はそれが最新で、凄かったんです。

  

 

 

パソコンだって、最初はページュ色のブラウン管のテレビのようでした。

それがノート型になり、無線になり、フロッピーはなくなり、折り曲げも可能なんですから。

 

 

 

 

「しもしも〜」でお馴染みの平野ノラさんのコントで「ショルダーフォン」は有名になりましたが、それ以外、多くの人にはかつてを思い出し、懐かしむ場なかったはす。。私も今の今まで、「大学の時にフロッピーディスクあったわ」なんて思い出しませんでした。フロッピーディスクという発音すら久しぶりです😁

 

 

  

昔あったことで、思い出さないことはたくさんあります。

 

自分のことですら、印象的なこと以外、ほとんど思い出さないのに、他人のことはもっとずっと忘れています。

 

 

 

人の目が気になる人への希望😁

 

 

 

人は思ったほど他人のことは気にしていません。

また覚えてもいません。

 

現在時刻でもそうですから。昔のことなら尚更です。

 

 

 

みんな自分のことで精一杯ですから。

 

 

 

だから、自分の信じたことをやるのに遠慮する必要はありません。

 

また、キャラ変だって思っているよりは楽なのでは?

 

 

 

きっちり真面目キャラから、ゆったりおおらかキャラにだって

冗談ばっかりキャラから、必要な言葉を丁寧に話すキャラにだって本当はなれる。

 

最初は大変かもしれませんが、そのうち慣れる(韻を踏んでみました)

  

 

誰も憶えちゃいない、気にしちゃいない。

  

これは一つの希望です。 

 

 

 

「え、でも〇〇さんは私をよく見て気にしてる」

 

という人がいたとしたら、その人は、私の変化の影響を強く受ける、良くも悪くも「縁」のある人です。

 

 

私の「良い変化」はその人にとってはメリットになりますね。

 

 

 

 

エイ、と飛び込む勇気の一助に。 

 

思っているほど人は自分のことは覚えていない、でした。


 

 

 

L&Rヴィレッジ まつお

 

L&Rvillage

L&Rヴィレッジはベストセラー作家喜多川泰事務局です。喜多川作品他、講演会などの運営も行っております。