あなたのまさに絶妙なその一言が、人の心を救う

「会社での人間関係や業務内容が辛く、泣くこともある」

 

というのをこの前知人に聞きました。 

 

 

「そりゃ、ありますよ」

 

と明るく言っていたのがその人のたくましさでしたが。

 

 

激しい叱責にぶつかることもあれば、冷たく論理的に追い込まれることもある。

 

 

 

ところで包丁がなかったら...

アボカドはどうやって食べようか考えてしまいます。

 

 

 

はたしてアボカドは手で剥けるのか?

 

でも、中がいい具合に熟していたら

 

むいている間にグチャクチャになってしまうかもしれない。

 

あと最初の剥きはじめはどうしようか迷います。

 

 

 

 

でも包丁があれば

 

皮を剥くもよし、切れ込みを入れて捻り半分にするもよし。

 

  

便利です😊

 

  

 

刃物は使い方次第です。

 

  

使い方によっては人を傷つけるこもありますが

 

手術の時に怪我や病気を治す道具にもなります。

 

アボカドも剥けます。 

 

 

 

知識や自身の成長もまた、使い方次第です。

 

 

「まさに絶妙なその一言が一人の人を救う」

 

  

そういうことだってあります。

 

その道具を持っていること。正しく使えること。

 

 

 

あなたのまさに絶妙なその一言が、人の心を救うことがあります。

 

 


 

L&Rヴィレッジ まつお

 

L&Rvillage

L&Rヴィレッジはベストセラー作家喜多川泰事務局です。喜多川作品他、講演会などの運営も行っております。