そ れ ぞ れ の メ ガ ネ

「Aさんは何もしないくせに、いつも口が悪くて雰囲気が悪くなる」

と自分が思っていると

 

 

Bさんが

「Aさんがいると楽しくて、やる気になる」

と言う。

 

 

それを聞いて自分は

「Bさんは何言ってんだろう? いい奴を気取っているのか?」

と思っていると

 

 

今度はCさんが

「そうだね」と同意を示す。

「Aさんとの仕事は楽しいよね」

 

 

「 ... ひょっとして」と思う。

「変なのは私のメガネの方かな?」

 

 

人は自分のメガネで物事を見て、それが世界のすべてになります。

 

メガネ次第では

「私はみんなから愛されているなぁ⤴︎⤴︎」

ともなるし

「私はみんなから嫌われている...⤵︎⤵︎」

ともなりうる。

 

メガネは、過去の経験や普段接している情報、先入観やレッテル、考え方、心の状態やその時のシチュエーションなどが形作っていますね。

 

 

幸せメガネをかけていたい。

成功メガネというのもあるし

勇者メガネもある。

チャンス発見メガネもあれば

運がいいメガネもある。

もちろんネガティブなメガネもある。

 

 

そんな「自分メガネ」を定期的に調整する一つの方法が「良い文章を読むこと」ですね。

1日1%、15分の読書の価値はとても大きいです。 

ところで、幸せメガネは「好き」でできているわけではないようです。

「これが好き」のメガネは「あれは嫌い」のメガネも同時にできてしまうので、時にトラブルの原因になってしまいます。

 

 

どうやら「幸せになってほしい」が正しい構成要素のようです。対象に対する、幸せになってほしい、好きと嫌いを超えたところにありますね。

 

 

matsuo

L&Rvillage

L&Rヴィレッジはベストセラー作家喜多川泰事務局です。喜多川作品他、講演会などの運営も行っております。