もともと変化するのが人生ですから。

川の流れには一瞬たりとも同じものはない。

よく言われます。

 

同じ波が来ることはない。

サファーの方から聞いたことがあります。

 

自然の中に、常に生じては消えてゆく世の中の摂理を感じます...。

   

 

 

実は同じ摂理が、私たちの体にもあります。

 

 

 

私たちの体は、一瞬たりともも同じであることはありません。

 

 

 

常に体の中のタンパク質は壊され老廃物として外に出され、食物により摂取したタンパク質に変わっています。

 

 

戦後に、この事実が発見されました。

 

 

私たちの体は年中、休むことなく改装工事をやっているものです。

 

 

 

何も変わっていないように見え、命でさえも変化の上に維持されています。

 

 

人間も自然の一部ですから。

 

 

常に移ろいゆきます。

 

 

 

でも、人には壊すことに恐怖がありますね。

 

「壊れるのは嫌だ」と。

 

今あるこれが変わったらどうしよう、と考え、なんとかそれを防ごうとします。ですが、すべて移り変わるものですし、それを止めることはできません。

 

 

 

「ならば」と思います。

 

「もし、変化を恐れて不安になる毎日を送っている現実があるならば、むしろ積極的に変化を求めた方がいいのではないか」

 

 

 

なんてことを考えると、ちょっと勇気が湧きます。

 

 

 

もともと変化するのが人生ですから。

 

流れる川のように、寄せては返す波のように、壊しては作り変わっているタンパク質のように。

 

 

 

これをやったら幸せになるんじゃないか。

こんな風になったら魅力的になるんじゃないか。

 

 

体の組成の絶えることのない変化のように、今までの自分をちょっと壊して新たな自分を手に入れる。

 

 

そんな勇気そして好奇心。

 

 

大切にしたいと思います。

 

 

matsuo

L&Rvillage

L&Rヴィレッジはベストセラー作家喜多川泰事務局です。喜多川作品他、講演会などの運営も行っております。