イラッとしたら自分実況

松岡修造さんの名言?の一つに

 

 

「イラッとしたら自分実況」 

 

 

というのがあります。

 

 

  

例えば、子供の態度にイラッとしたとします。

 

そこで自分実況を開始します。

 

  

 

「さぁ、私が怒り出し始めました」

 

古舘一郎さんにでもなったかのように中継したい。

 

 

「『なんだその態度は?』という湧き上がる思い。顔が険しくなり紅潮してきたぞ。とても近所の人には見せられない顔だ。

 

さぁ、どうする?

 

ここでもう一つ質問が思い浮かんできた。質問したらまた無愛想な態度での答えが返ってくるだろう。それが予想できている。

 

さぁ、あえてそれをしようとしているのか?そうやって誘い水を出し、怒るきっかけをつくろうとしているのか?いつもの後悔パターンだぞ?

 

いいのか?おい、いいのか?

 

そうだ、そうそう。いったんクールダウンする必要があります」

 

 

 

 

こうやって実況中継することで、怒りを客観視して、コントロールする。笑

 

ゲーム感覚でためしにやってみたい。 

 

 

で、もし実況中継により、今日一個イライラが減ったなら、明日も減らせる可能性が高まります。

 

 

そうやって、一つのイライラに対処できるようになったら、これはすごいことです。

 

 

1日だとー1個ですが、年間だとー365イライラですから。笑

 

しかも、イライラは後引くこともありますから、時間的なものを考えると相当メリットが大きい。

 

 

 

「イラッときたら実況中継」

 

  

  

上手くハマる人もハマらない人もいるでしょうが、こうした一つの良い習慣は、その人の今後の人生の全てにわたって、良い影響を与えてくれます。 

 

 

  

L&Rmatsuo

L&Rvillage

L&Rヴィレッジはベストセラー作家喜多川泰事務局です。喜多川作品他、講演会などの運営も行っております。