人から受けた恩はずっと忘れない

デジカメのSDカード。

 

パソコンのデスクトップ。

 

机の引き出し。

  

放っておいたらランダムにデータや書類が溜まっていきます。

 

 

 

よく使えている人のそれらはすっきりとしていて、非常に能率的です。生産性も高い。

 

...なんてことを書きながら、「整理整頓せねば!!」と自分のことが思いやられますが😅

 

 

  

 

「人から受けた害はすぐに忘れる。

 

 人から受けた恩はずっと忘れない。」

 

 

私の好きな言葉の一つです。

 

 

  

 

私たちの記憶。

 

これもデータフォルダです。整理整頓がなされなければなりませんが、その時に、「人から受けた害はすぐに忘れ、受けた恩はずっと忘れない。」というソートをかけたら、「人から受けた恩」がデータの容量の多くを占めていきます。

 

 

 

この逆が

 

「人から受けた害は覚えておいて、よく思い出す。

 

 人から受けている恩になかなか気付けない。」

 

でしょうか。

 

  

 

SNSで流れている情報の中では、油断すると「受けた被害」がデータの容量の多くを占めていきます。

 

 

 

 

「人から受けた害はすぐに忘れる。

 

 人から受けた恩はずっと忘れない。」

  

 

 

このフレーズは、害と恩の保存比率を変える効果があります。

 

  

「忘れられない」と思っている害の中にも、実は忘れられるものが何%かはあるかもしれません。

 

 

 

記憶データに「恩」の容量が多い方が幸せですからね。

 

 

 

またそのほうがきっと、人生全体が能率的で、生産性も高く、楽しいものになっていきます。

 

 

L&R matsuo

L&Rvillage

L&Rヴィレッジはベストセラー作家喜多川泰事務局です。喜多川作品他、講演会などの運営も行っております。